ホーム > 研究紹介 > 研究トピックス > 林木育種事業60周年記念シンポジウムの開催について

更新日:2017年12月8日

ここから本文です。

林木育種事業60周年記念シンポジウムの開催について

  昭和32年に林木育種場が設置されてから、本年をもって林木育種事業は60周年を迎えることとなりました。

これを記念したシンポジウムを「豊かで多様な森林の恵みを未来につなげる林木育種」をテーマに開催致します。

皆様のご参加をお待ちしております。(参加費:無料)

開催チラシダウンロード(PDF:2,045KB)

 

開催日時     平成30年2月16日(金曜日)  13時00分~17時00分
開催場所     木材会館7階ホール(東京都江東区新木場1-18-8)

 木材会館地図(PDF:123KB)

参加申込書(ワード2007:23KB)

E-mailftbc60kinen@ml.affrc.go.jp(申し込み用紙に記入後、添付ファイルとして送信して下さい。)

FAX:0294-39-7306(申し込み用紙に記入後、FAX送信して下さい。)

参加申込み締切り:平成30年1月25日(木曜日)

chirasi

chirasi_ura

 

次第

13:00~ 開会
主催者挨拶 (国研)森林研究・整備機構
理事長 沢田 治雄
祝辞 林野庁長官 沖 修司
13:10~ 基調講演「再造林時代の林木育種」 東京大学大学院農学生命科学研究科
教授  井出 雄二
13:50~ 林木育種成果発表(林木育種センター、育種場)
これまでの品種開発の取組 育種第一課  育種調査役  田村 明
林木育種の次世代化に向けて 育種第一課長  高橋 誠
林木ジーンバンク事業の成果と今後の方向 探索収集課長  山田 浩雄
県との連携による第二世代抵抗性アカマツ品種の開発 関西育種場  育種課  主任研究員  岩泉 正和
特定母樹の普及に向けた取組 北海道育種場  遺伝資源管理課長  坂本 庄生
海外における林木育種の展開 西表熱帯林育種技術園長  千吉良 治
林木育種におけるバイオテクノロジーのこれまでとこれから 森林バイオ研究センター  森林バイオ研究室長  谷口 亨

15:50~  パネルディスカッション
テーマ「豊かで多様な森林の恵みを未来につなげる林木育種」

〇コーディネーター
岐阜大学応用生物科学部 教授  向井 譲
〇パネリスト
・網田 克明(全国林業試験研究機関協議会 会長)
・上 練三(林野庁研究指導課長)
・岸 紘治(全国山林種苗協同組合連合会 会長)
・後藤 晋(東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授)
・星 比呂志(林木育種センター育種部長)
※ 50音順

17:00~ 閉会

 

※ シンポジウム終了後懇親会(立食形式)を
予定しています。
・場所:木材会館6階小ホール
・時間:17:30~19:00
・参加費:5,000円 (懇親会費は当日会場受付で申し受け致します。) 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課  担当者名:栗田・小野

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ftbc60kinen@ml.affrc.go.jp