ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究最前線 2008年紹介分 > 侵略的外来生物・ニューギニアヤリガタリクウズムシは木にも登ってカタツムリを襲う

ここから本文です。

侵略的外来生物・ニューギニアヤリガタリクウズムシは木にも登ってカタツムリを襲う

2008年6月9日掲載

論文名 Potential impacts of the invasive flatworm Platydemus manokwari on arboreal snails(侵略的外来生物・ニューギニアヤリガタリクウズムシによる樹上性カタツムリにおよぼす潜在的なインパクト)
著者(所属) 杉浦 真治・山浦 悠一(森林昆虫研究領域)
掲載誌 Biological Invasions(生物学的侵入、オランダ) 2008年6月(電子出版)
内容紹介  小笠原諸島父島では、近年、固有陸産貝類が急激に減少しつつあります。この減少は、侵略的外来種であるニューギニアヤリガタリクウズムシによる捕食圧が重要な原因と考えられています。しかし、地表徘徊性の本種は、樹上性の陸貝の減少にも関与しているのでしょうか?そこで、外来種の貝を網袋に入れ樹上0.5m~2.0mの幹上に設置し、生存過程を調べました。その結果、本種は樹幹を這い上がり、わずか7日間で約40%の貝を捕食していることが確認できました。このように、本種は地表性ばかりでなく樹上性の陸貝も捕食することで、父島の固有陸貝相に強いインパクトを与えていると考えられます。

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844