ホーム > イベント・セミナー > 公開シンポジウム「森林で放射性セシウムはどう動いているのか?―研究者がわかりやすく解説します―」

更新日:2021年2月3日

ここから本文です。

公開シンポジウム「森林で放射性セシウムはどう動いているのか?―研究者がわかりやすく解説します―」

2011年3月の福島第一原子力発電所事故から10年が経とうとしています。また、2021年春はチェルノブイリ事故から35年になります。森林の放射能汚染は、森林における、樹木、土壌、水、動物など、森林に関わる様々な事柄に関係します。事故以降、森林立地学会員を始め、多くの方が森林の放射能に関して研究を行ってきました。
そこで、今回のシンポジウムでは、森林の放射能汚染に関して、最前線で研究を行ってきた研究者から、これまでの研究で明らかになったことをわかりやすく解説してもらいます。その内容は、「どのように森林に入ってきたのか、そして森林の中でどう動いているのか?」、「林産物への取り込み」、「動植物への放射線影響」など、森林に関する身近なトピックを選びました。大学生から一般の方までの多くの方にわかりやすく解説します。今回はオンラインでの開催としましたので、多くの皆様の参加をお待ちしています。

開催日時

2021年3月6日  (土曜日)14時00分~16時00分

場所

名称 オンライン開催
住所 事前登録された方に専用アドレスをお送りします

主催・共催等

主催
森林立地学会、東京大学農学部アイソトープ農学教育研究施設、国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所

内容

・大気から森に降り注いだ放射性セシウム(キヤノングローバル戦略研究所 堅田元喜氏)
・森の中・樹木の中の動き(森林総合研究所 大橋伸太)
・土壌の中での動き(森林総合研究所 眞中卓也)
・森からの放射性セシウムの流出(森林総合研究所 岩上翔)
・キノコや山菜への取込(森林総合研究所 小松雅史)
・動植物への放射線影響(国立環境研究所 玉置雅紀氏)
・総合討論

対象

一般の方、大学生や行政の方、研究者

定員

制限なし(事前登録制 締切:2月末日予定)

費用

無料

申込方法

参加申込は下記「関連リンク」のサイト内からお申し込みください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

森林立地学会事務局(森林総合研究所立地環境研究領域内)山下 尚之
〒305-8687 茨城県つくば市松の里1
e-mail:ritchi_excursion@ffpri.affrc.go.jp
Tel:029-829-8227