ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > 研究成果 2022年紹介分 > 日本産キイチゴの多様化の道のりを明らかに

ここから本文です。

日本産キイチゴの多様化の道のりを明らかに

掲載日:2022年5月27日

日本各地に35種が自生するキイチゴの仲間(キイチゴ属)のうち、半数以上は約2000万年前ごろから単一種が東アジアで多様化を遂げた結果であることが遺伝子配列の解析などで明らかになりました。また、北日本や高山に分布する種のほとんどは、さらに古い起源を持つ系統で、そのうち、東北地方に分布するゴヨウイチゴは近縁種のいない独特な種であることも分かりました。(写真と図)。
キイチゴは、スギ・ヒノキ人工林の皆伐地に侵入するので「厄介者」扱いされることも多いですが、日本の生物多様性の歴史を語る貴重な「生き証人」と言えるでしょう。
今回の研究では、データベースに登録されている海外のキイチゴの遺伝子配列と合わせ、日本のキイチゴの系統解析を行い、キイチゴ属の進化過程を調べました。
キイチゴは日本中で見られるバラ科の低木で、その仲間としては、ケーキ用に栽培されているラズベリーをはじめ、実が甘酸っぱく登山者に人気の野生種モミジイチゴやフユイチゴなどがあります。

(本研究は、2022年4月にPlant Systematics and Evolutionにおいて公表されました。)

写真:日本に生育する多様なキイチゴ
写真:日本には多様なキイチゴが生育しています。本研究ではその多様性の成立過程を明らかにしました。

図:日本産キイチゴ属植物の系統樹
図:日本産キイチゴ属植物の系統樹(一部の種について抜粋)。下軸は、系統樹の分岐年代の推定結果を示しています。日本のキイチゴには、黄色で示したグループのように系統的に古い起源をもつ種がある一方で、青色で示したグループのように、半数以上の種は約2000万年前以降に単一の祖先から多様化を遂げて進化したものであることが分かりました。

  • 論文名
    Phylogenetic inferences using nuclear ribosomal ITS and chloroplast sequences provide insights into the biogeographic origins, diversification timescales and trait evolution of Rubus in the Japanese Archipelago. (核ITS領域および葉緑体遺伝子の系統解析による、日本産キイチゴ属の生物地理学的起源、多様化過程および形質進化の解明)
  • 著者名(所属)
    菊地 賢(北海道支所)、三村 真紀子(岡山大学)、鳴橋 直弘(大阪市立自然史博物館)、鈴木 節子(樹木分子遺伝研究領域)、鈴木 和次郎(只見町ブナセンター)
  • 掲載誌
    Plant Systematics and Evolution、Vol.308、Springer 2022年4月 DOI:10.1007/s00606-022-01810-6(外部サイトへリンク)
  • 研究推進責任者
    研究ディレクター 正木 隆
  • 研究担当者
    北海道支所 菊地 賢

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

Email:QandA@ffpri.affrc.go.jp