ホーム > 研究紹介 > トピックス > プレスリリース > プレスリリース 2013年 > 森林内の放射性物質の分布状況調査結果について

ここから本文です。

プレスリリース平成25年3月29日
独立行政法人森林総合研究所

森林内の放射性物質の分布状況調査結果について

森林総合研究所では、林野庁の委託事業により、昨年度に引き続き、福島県内の3試験地において森林の土壌や落葉層、樹木の葉や幹などの放射性セシウムの濃度とその蓄積量を調べました。

その結果、

・ 福島県中通りの大玉試験地における3樹種(スギ、アカマツ、コナラ)の比較では、昨年度に比べ、葉や枝、樹皮、落葉層の放射性セシウム濃度は大幅に低下しましたが、土壌中の濃度は上昇しました。

・ 汚染度の異なる川内、大玉、只見のスギ林では、現地の空間線量率が高いほど葉や枝、落葉層など部位毎の放射性セシウム濃度は高くなりました。

・ 森林全体の放射性セシウム蓄積量は、昨年度と比べて大きな変化がみられませんでした。一方、蓄積量の内訳は、いずれの調査地も、昨年度に比べ、葉や枝、落葉層に蓄積する放射性セシウムの割合が減少しましたが、土壌に蓄積する割合は増加しました。

・ 葉や枝、樹皮の放射性セシウム濃度が低下したのは、放射能が時間とともに減少したことや雨などで洗い流された(溶脱)ことなどによるものと考えられます。また、樹木からの溶脱や落葉層の分解により地表に移動した放射性セシウムが土壌表層に吸着保持されたため、土壌中の放射性セシウムの濃度も蓄積量も昨年度に比べ増加したと考えられます。森林内の放射性物質の分布状況等は大きく変化したことがわかりました。

詳細は、関連リンクのサイトを参照して下さい。  

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844