文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
1
2
3

森林総研トップ

更新日:2021年4月23日

ここから本文です。

立田山の昆虫

和名:コマダラカミキリ

和名:コマダラカミキリ
所属:コウチュウ目 カミキリムシ科 CERAMBYCIDAE 学名:Anoplophora malasiaca Thomson
形態:成虫は体長24-35mm、老熟幼虫の体長45-60mm。
食樹:ポプラ類・ヤナギ類・ハンノキ類・ヤシャブシ・シラカバ・カエデ類・エゴノキ・スズカケノキ・モクマオウ・モリシマアカシア、柑橘類・リンゴ・ナシ・スギも加害し、加害植物は50種以上。
分布:日本、朝鮮、中国、台湾、マレーシア
生態:幼虫が靭皮部から木部を加害する。通常1年1世代であるが、中には2年を要する個体もある。成虫の羽化脱出は6月である。成虫は雌雄とも加害樹の緑枝の樹皮や葉を後食する。成虫は樹幹下部、地際に産卵する。若齢幼虫は靭皮部を食害するが、3齢幼虫になると木部を多く食害する。5齢以上で越冬する。
写真:本種の加害で折れた木
写真:雌成虫
"" ""

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp