• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 業務紹介 > 関西支所紹介

ここから本文です。

関西支所紹介

coverphoto01

coverphoto02

coverphoto03

関西支所は、近畿・中国地方に福井県、石川県を加えた2府12県を対象に、森林・林業に関する研究を行っています。この地域には歴史ある林業地が多く存在する一方で、古くから開発が進んだ地域でもあり、社会経済の変化に伴い、里山などの森林の劣化や貴重な森林生態系の断片化がみられます。さらに、今日では木材生産だけでなく、自然環境保全など森林に対する期待は一層高まり、多様化しつつあります。
そこで、生物多様性保全、環境保全、木材生産などの多様な機能が発揮されるメカニズムを解明し、森林と人間社会との望ましい関係を見いだしつつ、森林の総合的な管理手法の開発をめざし、研究を進めています。さらに、本所等と連携しつつ、地球温暖化のような全国的・国際的な問題にも取り組んでいます。

以下のチーム長・研究グループを配置し研究を行っています。

チーム長(山村振興担当)

森林資源管理を持続的に行うためには、その地域に暮らす人々の生活が重要です。そこで、人々の生活を支えるための施策や、社会経済的な条件についての研究を行っています。また、山村では林業だけではなく、地域資源を活用した様々な所得形成がなされてきました。多様な地域資源に着目し、山村の持つ価値を最大限に発揮させるための研究を行っています。

 

revitalization01

集められた林地残材

 

revitalization02

多様な資源を生み出す山村

チーム長(森林水循環担当)

森林における水循環は気候条件と密接な関係があります。また、森林は変化し続ける生態系です。そのため、温暖寡雨な瀬戸内海式気候に位置する竜ノ口山森林理水試験地で、水流出のモニタリングを1937年から継続してきました。その観測を担うとともに、森林状態が水流出に及ぼす影響の定量的な評価、流域内での水移動プロセスの解明、そして将来の水流出変動の推定に取り組んでいます。 

 

watercycle01

出水時の量水堰堤

 

watercycle02

岡山実験林気象観測露場

  

 チーム長(森林土壌資源担当)

私たちが目にしている土壌は、母材、地形、気候、生物、時間、人為といった要因を受けて成立しています。土壌に含まれている資源の分布や量を調べて、現存量を把握するとともに、さまざまな環境要因の影響を解明するための研究を進めています。また、これからの環境変化に対する反応を確認するため、雨水や渓流水の水質モニタリングを行っています。  

 

soil01

100年ほど前まではげ山だった地域に見られる未熟土

 

soil02

降雨採水装置

森林生態研究グループ

多様なタイプの森林が成立する関西地域で、森林が保全的に維持されていく仕組みを明らかにするために、森林の構造と動態についての研究と、森林構成種の生態的特性や生理的特性についての研究を行っています。また、森林資源の持続的な利用のためのスギ、ヒノキの人工林における効率的な更新技術や保育技術に関する研究を行っています。  

 

ecology01

低コスト再造林技術のためのコンテナ苗の活用

 

ecology02

希少種の保全技術(コブシ)

森林環境研究グループ

森林には、炭素を蓄えて地球温暖化を抑止するほか、洪水・渇水を緩和したり山地の土砂流出を軽減する機能、渓流水質を清澄に保つ機能があります。このような環境変動をやわらげる森林の機能についての研究を行っています。また、林業活性化のための土壌生産力や、森林の防災機能に関する研究も行っています。 

 

forestenvironment01

森林と大気との間を移動するエネルギーと二酸化炭素を測定するための気象観測タワー

 

forestenvironment02

山崩れの起こりやすい場所を危険地形が分かりやすい地形図と地下水脈の発する音から特定

生物多様性研究グループ

森林とその流域にはさまざまな生物が互いに関係しあって暮らしています。そこで、これら生物の遺伝子と種レベルの多様性の実態と、生物どうしの関係を調べています。さらに、多様性が保たれた森林やその中に暮らす生物を守り、失われた多様性を回復させるための研究を行っています。 

  

forestbiodiversity01

樹木病原菌は樹木の天然更新阻害に影響

病原菌によって腐敗したドングリと枯れた実生

  

wildlife01

萌芽更新を妨げるシカの採食                       

 

  

生物被害研究グループ

樹木は昆虫や微生物、野生動物などの林内の様々な生物の影響を受けながら生きています。そこで、森に棲む生き物による森林や樹木への被害を軽減し、森林を健康に維持するための研究を行っています。 

 

foresthealth01

サクラ天狗巣病

 

foresthealth02

ナラ枯れ

森林資源管理研究グループ

森林管理には世代を超えた長い年月が必要です。そこで、昭和初期に始まった人工林の収穫試験地調査を継承し、近畿・中国地域のスギ林やヒノキ林の成長や間伐効果を実証的に研究しています。また、空中写真や衛星画像、航空レーザー測量(LiDAR)データ、古地図などを用いて、地域の森林資源の構成や蓄積の分布を把握したり、森林景観や森と人との結びつきの歴史を辿る研究を行っています。  

 

forestmanagement01

白見スギ収穫試験地(1952年植林、新宮市)

 

forestmanagement02

電波が弱い樹冠下でのGNSS(GPS)測量

産学官民連携

地域における林業セクターや大学、行政機関、民間などとの連携推進のため、産学官民連携推進調整監、地域連携推進室を置き、以下のような活動を行っています。

  • 公開講演会やセミナー、現地検討会、森林教室などの開催
  • 府県、大学、国の機関などと各種会議や交流の場を設け、研究や技術情報の交換
  • 府県、大学、外国からの研修生の受入
  • 要請に応じて、技術指導や講師の派遣、共同研究などの実施

 

Academia-Industry-Government-Civi1

Academia-Industry-Government-Civi2