文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
1
2
3

森林総研トップ

ここから本文です。

イヌマキ

和名:イヌマキ
所属:マキ科 マキ属
学名:Podocarpus macrophyllus (Thunb.) Sweet
特性:常緑高木。幹は灰白色で浅いたてみぞができる。葉は互生、扁平、線形、革質、上面深緑、下面淡緑。雌雄異株。花は、前年枝に腋生、雄花は黄白色円柱状の花穂をつけ、雌花は1個で、緑色。種子は帯紫緑色、球形。外側は微白粉におおわれ、下方の套皮は、はじめ濃紅色から紫色になりしぼむ。肉質で甘味があり生食できる。
分布:本州南部(伊豆以南)、四国、九州、琉球
用途:材は水湿にたえ桶材、用材、庭園樹
備考:適潤地を好む。国有林などで造林されたこともあるが、キオビエダシャクの被害をうけ成功していない。葉が短く、樹形のしまっているものに’羅漢槇’がある。
開花時期:5月
果実成熟期:10月
写真上:左は雄花、右は雌花
写真下:

イヌマキ花写真

イヌマキ葉写真

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp