文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
1
2
3

森林総研トップ

ホーム > 研究紹介

更新日:2022年11月30日

ここから本文です。

トピックス

 

ニュース

2022年9月9日

森林総研チャンネルに「クビアカツヤカミキリの産卵を捉えた!!」を公開しました新着

2022年5月30日

調達情報(森林総合研究所関西支所受変電設備等改修工事設計業務)を掲載しました

2022年3月7日

調達情報(単価契約見積募集:研究用自動車等賃貸借単価契約)を掲載しました

2022年3月7日

調達情報(単価契約見積募集:運送請負単価契約)を掲載しました

2022年2月3日

森林総研チャンネルに「広葉樹利用の提案とシイタケ観察の件」を公開しました

 

プレスリリース

イベント

 

2022年10月31日

令和4年度第2回森林教室「マツボックリから知るタネのひみつ」(PDF:1,331KB)の開催のご案内
11月21日まで参加申込受付します。受付終了、たくさんのお申込みありがとうございました新着

2022年10月24日

「林地保全に配慮した森林施業と再造林の着実な実施に関する現地検討会」開催のご案内
/森林生態研究グループ 中尾勝洋、森林環境研究グループ 多田泰之新着

2022年8月4日

令和4年度第1回森林教室「昆虫ひょうほんを作ろう!」を開催しました。/開催報告

2022年7月19日

森林総合研究所関西支所令和4年度公開講演会より講演の動画をYouTube(森林総研チャンネル)で公開しました
また、開催報告に会場でのご質問とその回答を公開、開催報告のページでご覧頂くことができます

2022年6月20日

令和4年度第1回森林教室「昆虫ひょうほんを作ろう!」(PDF:1,053KB)の開催のご案内
7月8日まで参加申込受付します。受付終了、たくさんのお申込みありがとうございました

 

 

研究成果

 

2022年11月14日

川底のヒメドロムシは土壌粒子・水深・流速などの環境に応じて生息場所を変える
/生物多様性研究グループ長 吉村真由美新着

2022年6月20日

不安定な樹液環境に生息する線虫、ブルサフェレンカス・タダミエンシス
/生物多様性研究グループ 神崎菜摘・生物被害研究グループ 濱口京子

2022年5月18日

クビアカツヤカミキリはサクラよりモモを好む/生物被害研究グループ 浦野忠久

2022年3月30日

老齢になっても成長を続けている天然林がある/森林生態研究グループ 髙橋和規

2022年3月23日

藻類の生育や水生生物の生息に必要な光環境は渓畔林の状態によって異なる/チーム長(流域森林保全担当) 吉村真由美

 

 

刊行物

 

2022年11月30日

研究情報を更新しました(No.146発行(PDF:3,159KB)新着

2022年8月31日

研究情報を更新しました(No.145発行(PDF:1,629KB)

2022年6月1日

研究情報を更新しました(No.144発行(PDF:937KB)

2022年2月22日

研究情報を更新しました(No.143発行(PDF:4,591KB)

2021年12月24日

年報を更新しました(No.62発行

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。