ここから本文です。

森林総合研究所林木育種センターは、遺伝的に優れた特性を持つ林業用種苗の品種開発、
先端技術を用いた育種期間の短縮、林木遺伝資源の収集・保存、林木育種の海外協力などに取り組んでいます。

新着情報

 
  • 令和3年9月8日新着
    【林木育種の現場から】に「特定母樹やコウヨウザンについての現地検討会について」を掲載しました。下記バナーからご覧下さい。
  • 令和3年8月31日
    【プレスリリース】世界初 スギのゲノム編集技術を開発ー針葉樹の品種改良の期間を⼤幅に短縮する新技術として期待ー(PDF:825KB)
  • 令和3年8月25日
    【林木育種の現場から】に「細胞から無限に木を増やすー針葉樹の組織培養技術ー」を掲載しました。下記バナーからご覧下さい。
  • 令和3年8月11日
    【林木育種の現場から】に「フクギ(Garcinia subelliptica Merr.)の収集・増殖を実施」を掲載しました。下記バナーからご覧下さい。
  • 令和3年8月4日
    令和3年度「親林の集い(しんりんのつどい)」の開催中止について
  • 令和3年7月30日
    林木育種情報【No.37】を掲載しました
  • 令和3年7月28日
    【林木育種の現場から】に「アカマツ保護林内での20年間にわたる枯損経過のモニタリング調査」を掲載しました。下記バナーからご覧下さい。
  • 令和3年7月14日
    【林木育種の現場から】に「岩手大学農学部森林科学科の学生実習を受け入れました」を掲載しました。下記バナーからご覧下さい。
  • 令和3年6月30日
    【林木育種の現場から】に「カラマツ検定林を造成しました」を掲載しました。下記バナーからご覧下さい。   

   


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。